吉松が作った飲みにくい茶器を使ったお茶会

普段何気なく飲んでいるお茶を、「飲む」という行為に意識を向けて飲んでみませんか?
お茶は、ポットでお出しします。わらび餅またはホタルイカ付き(選べます)
500円


皆様本日はお茶会にお越し下さいまして有難う御座いました。
ほぼ殆どの方がまんまとお茶をこぼしながらも、美味しい静岡茶を味わって頂けたことと思います。
スチールパンの簡単ワークショップも突如始まり、色んな出会いがあったココシバの一日でした。
有難うございました❣️

油断するとこぼしてしまう、なおさんの茶器。飲むことに集中させてくれます。

飲み切るときはこの姿勢になる。

このイボイボの器もなおさんの作品

この呑み口がくせ者

ティッシュは必須

注意してても、やっぱりこぼす。

ひょんなことから、始まったスティールパンワークショップ。
初めてココシバに来てくださった方も巻き込んでしまいました。

Canê Canê WARABI Vol.5

Canêは親愛の情を込めて誰かに呼びかけるクルド語。
クルド伝承音楽を歌い継ぐ上田恵利加、蕨市在住でユーラシアンオペラを展開する作曲家の河崎純、そしてクルド人音楽家のRenas Yunusがアナトリア、トルコやクルディスタンの音楽を、たぶんゆるゆると演奏します。
今回は日本のサズ第一人者Fujiさんはお休み。
年末の慌ただしいときですが、ほっとひと息つきにいらしてください。

Canê Canê WARABI Vol.5
日時:12月27日㈬ 19:00~20:30
場所:Antenna Books & Cafe ココシバ
   (川口市芝5-5-13 芝銀座通り商店街内 蕨駅東口下車5分)
費用:1,500円+1オーダー
問合せ・申込み info@cocoshiba.com または店頭にて直接

⬛︎上田惠利加(ウエダエリカ)
2019年、東京外国語大学オープンアカデミークルド語講座修了。在日クルド人の友人からサズを譲り受けたことがきっかけで、サズを学びはじめる。2021年から現在に至るまでFUJI氏に師事。ピアノやサズでクルド音楽の弾き語りを行う他、クルド文学作品の翻訳に取り組んでいる。2022年『世界の公用語事典』(丸善出版)クルド語パート執筆協力。クルド語で発信するYouTubeチャンネル「Japan bi Kurdi」運営。クルド系メディアRudaw、Kurdistan24、Medya Hebar、Kurdsatなどに出演。2023年2月クルド人音楽家Serdar Canan氏のコンサートを主催、共演。2月6日のトルコ・シリア大地震を受け、2月18日緊急チャリティーライブを開催。

■河崎純(作曲家、コントラバス奏者、プロデューサー)
主に舞台作品の音楽監督、構成、委嘱作品の作曲。2022年著書「ユーラシアの歌」(ぶなのもり)、韓国、ロシアの歌手を擁する二作の作曲作品CD「HOMELANDS」「STRANGELANDS」を発表。主催する音楽詩劇研究所では、ユーラシアンオペラの第三作目となる「A Night The Sky was Full of Crazy Stars」を作曲、演出。
演劇・ダンス・音楽劇、実験的なパフォーマンスを中心にこれまで100作以上の舞台作品の音楽監督、作曲、演奏を手掛ける。歌、声の表現、朗読、演劇、コンテンポラリーダンス、伝統芸能の要素を用いた詩劇、音楽劇スタイルの舞台作品の作、構成、演出。
https://eurasianopera.jimdofree.com/

⬛︎Renas Yunus(レナス・ユヌス)
トルコ・ヴァン県出身。10歳でサズを始め、音楽を学ぶ。トルコの音楽レーベル「Aydın Müzik」からこれまでに9曲リリース

第3水曜日はプリンの日

2023年12月20日㈬ 第3水曜日はプリンの日。
硬めの苦いプリンが食べたいということで始まったプロジェクト。
今日は、ちと鬆が多いけど、美味しくできました。

#プリンの日 #硬いプリン #第3水曜日

ツリーの下で本の交換会

12月23日(土)14:00から行うツリーの下で本の交換会

誰かにオススメしたい本を中が見えない様にラッピングしてツリーの下に置いて下さい。
(その本についてのひと言をオモテに書いて下さい)

本を置いた人は、置いてある本の中から好きな本を選ぶ事が出来ます。
それぞれ選び終わった所で自分が選んだ本について語って頂きます。
さて、どんな本が姿を現すでしょうか・・・

今ある本の紹介です。

①ココシバ気付
 親愛なる貴方へ
 読めば必ず為になる本

②午後3時にココシバに
 来たくなるかも。

③絵本です。
 幼児向けだけど私も楽しんで読んでる作家さん
 誰でも知ってるあの人です!
 うちに2冊あったので1冊どうぞ

④こんな心を持ちたいと常々思ってはおります…が。

⑤Only I Know.

⑥ミステリーが好き
 花が好き?

⑦ネコに親切にすると
 いいことが あるかも?

⑧◯◯◯はじめてみませんか?
 読むだけでも楽しいかな

引き続き本を募集してます。
さてさて、当日、誰がどんな本を手に入れるか・・・・。

⑨未来の先触れ。

出揃った本。

クリスマスの恒例イベント
「ツリーの下で本の交換会」無事終了しました。
予想通りの本、意外だった本、色んな本が誰かの所から誰かの手に渡りました。
でも、渡るべくして新しい方に収まった感があるのは不思議なところです。

これが、本の中身。

ミイリアキヒロ写真展FRAGMENT

壁ギャラリー展示第9弾はミイリアキヒロさんの写真展「FRAGMENT」です。
彼が切り取るモノクロームの世界。
ゆったりした時間のなかで、お楽しみください。

ミイリさんの詩集「キューバ・リバー」も販売中

日時:2023年12月12日㈫〜24日㈰ 11:00~20:00
場所:Antenna Books & Cafe ココシバ
費用:1オーダー

CanêCanê WARABI Vol.4

5か月ぶりのCanêCanêです。

Canêは親愛の情を込めて誰かに呼びかけるクルド語。日本における、弦楽器サズの第一人者Fuji、クルド伝承音楽を歌い継ぐ上田、蕨市在住でユーラシアンオペラを展開する作曲家の河崎の三人が集まり、演奏曲やアナトリア、トルコやクルディスタンについて、たぶんゆるゆると、それぞれの視点で語り合いながら、演奏します。

ゲストミュージシャンとしてクルド人音楽家のRenas Yunusも登場します。お楽しみに!

日時:8月22日(水)19:00~20:30
場所:Antenna Books & Cafe ココシバ
   (川口市芝5-5-13 芝銀座通り商店街内 蕨駅東口下車5分)
費用:1,000円+1オーダー

出演者プロフィール
■FUJI(藤井良行)
1980年代からインドー中東各地を旅し、トルコで吟遊詩人アーシュクに出会ってサズ奏者を志す。1993年イスタンブルでサズ奏者のイルファンオラル、アドナンヴァルヴェレン、ジャフェルユルデュズの各氏に師事し演奏法の基礎から学び、帰国後自身の旅の体験をもとに、トルコの歴史・文化や生活習慣などを紹介しながら、ハルク(民謡)、アラベスク(演歌)、アレウィー音楽(宗教的マイノリティー)、ロマ音楽など多様な音楽や歌を発信している。
1995年イスタンブルのローカルテレビのニュース番組に出演。1999年トルコ地震チャリティーコンサート のために来日したサズ奏者エンギン=シャファク=ギュルレル氏の指導を受ける。2007年7月毎日新聞多摩版でライブ活動が紹介される。2006年より2年間放送大学世田谷学習センターの非常勤講師。2007年5月24日の読売新聞(都内版)連載東京ストーリーでその半生が紹介され、一部で話題となる。2010年6月、NHK衛星第1放送の「アジアクロスロード」に出演。ソロ、ベリーダンス伴奏を中心に、年間100本近いライブ活動を展開。2014年、11年ぶりに訪れたトルコで、アンカラのギョクハンカラジャ氏にアラベスク(トルコのアラブ風演歌)の指導を受け新たな境地に挑む。2014年、初のソロアルバム『自由への戯れ』を発表。

上田惠利加(ウエダエリカ)
2019年、東京外国語大学オープンアカデミークルド語講座修了。在日クルド人の友人からサズを譲り受けたことがきっかけで、サズを学びはじめる。2021年から現在に至るまでFUJI氏に師事。ピアノやサズでクルド音楽の弾き語りを行う他、クルド文学作品の翻訳に取り組んでいる。2022年『世界の公用語事典』(丸善出版)クルド語パート執筆協力。クルド語で発信するYouTubeチャンネル「Japan bi Kurdi」運営。クルド系メディアRudaw、Kurdistan24、Medya Hebar、Kurdsatなどに出演。2023年2月クルド人音楽家Serdar Canan氏のコンサートを主催、共演。2月6日のトルコ・シリア大地震を受け、2月18日緊急チャリティーライブを開催。

河崎純
主に舞台作品の音楽監督、構成、委嘱作品の作曲。2022年著書「ユーラシアの歌」(ぶなのもり)、韓国、ロシアの歌手を擁する二作の作曲作品CD「HOMELANDS」「STRANGELANDS」を発表。主催する音楽詩劇研究所では、ユーラシアンオペラの第三作目となる「A Night The Sky was Full of Crazy Stars」を作曲、演出。
演劇・ダンス・音楽劇、実験的なパフォーマンスを中心にこれまで100作以上の舞台作品の音楽監督、作曲、演奏を手掛ける。歌、声の表現、朗読、演劇、コンテンポラリーダンス、伝統芸能の要素を用いた詩劇、音楽劇スタイルの舞台作品の作、構成、演出。

【今回からレギュラーメンバー】
Renas Yunus(レナス・ユヌス)
トルコ・ヴァン県出身。10歳でサズを始め、音楽を学ぶ。トルコの音楽レーベル「Aydın Müzik」からこれまでに9曲リリース。 

【満員御礼】ココシバ5周年記念トークショー安田菜津紀「故郷とは何か」

ココシバ開店からまる5年、多くの皆さまに支えられてここまで来ました。ほんとうにありがとうございました。

今年5月に出版された安田さんのご著書、『国籍と遺書、兄への手紙』は、ご自身のルーツを辿る旅の中から現在の社会への問いを導き出していく素敵な本です。今回は「故郷とは何か」をテーマに、本のエピソードも含め、お話しいただきます。

安田さんよりメッセージを頂戴しております。
「皆さんにとって『故郷』とはどんな意味を持つ言葉でしょうか? 今、世界各地で、人々が意に反して『故郷』から引き離される事態が起きていますが、それは決して『遠い話』ではなく、ここ日本にも、命の危険から避難してきた方々が共に暮らしています。国内外で出会った人々の写真を通し、『故郷』とは何か、そして「共に生きる」とは何かを考えていきたいと思います」

崎山敏也TBSラジオ記者を聞き手に、ゲストのクルド人大学生との対談も予定しています。

ここで交わるさまざまな人々にとって、ここが温かい思いで振り返れる一つの故郷のような場所であれたらと願っています。

※お蔭さまで、定員に達しましたので、募集は終了いたします。
※要予約ですので、必ずフォームよりお申し込みください。
※新型コロナ対策を十分に行って開催いたします。
 当日、体調のすぐれない方は参加をご遠慮ください。

日 時:2023年7月16日(日)13:30~15:45
場 所:Antenna Books & Cafe ココシバ
    (川口市芝5-5-13 JR蕨駅東口徒歩6分 芝銀座通り商店街内)
料 金:2,000円(1ドリンク付)
    4,000円(書籍『国籍と遺書、兄への手紙』と1ドリンク付)
申 込:予約が定員に達しましたので募集は終了いたしました。
定 員:22名(要予約)
問合せ:info@cocoshiba.com

中山莉瑠「ダイヤ探し」展

ココシバ壁ギャラリー第5弾は、中山莉瑠さんの「ダイヤ探し」展

なつかしい場所、なつかしい思い出、なつかしい人…なつかしいものはいつまでも同じかたちを保つわけではない。全て少しずつでも変化している。変化した後に、私たちは前の姿を完璧に思い出せるのだろうか、ましてや変化したことに気づくことさえできるのだろうか。なつかしいものには、私たちが生きた記憶が存在する。私たちは変化に順応しながらも、前の姿を記憶していることで、今の記憶を語ることができる。そのために、私たちが生きた記憶を語る。

2023年5月23日㈫〜28日㈰ 
11:00〜20:00
Antenna Books & Cafe ココシバ
〒333-0866 埼玉県川口市芝5-5-13
京浜東北線JR蕨駅東口下車徒歩6分
芝銀座通り商店街内
入場無料
お席をご利用の場合は、人数分のオーダーお願いいたします。

中山莉瑠プロフィール
2000年福島県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程に在籍。主にインスタレーションを制作している。最近では、参加型アートを通して、他者と作品をつくりあげていくことを模索している。

日頃の感謝に添える母の日フラワーアレンジメント

「母の日フラワーアレンジメント」
5月13日(土)14時〜
花ててたりとさん主催のワークショップ
ステキなアレンジメントいかがですか?

#母の日

晴れたら、ブクマ雨のため延期

5月13日㈯開催予定でした「晴れたら、ブクマ」は雨のため来週に延期です。
ご注意くださいませ。

5月20日㈯に晴れたら、ブクマやります。

よろしくお願いいたします。

晴れたら、ブクマとは
毎月第2土曜日、晴れたら開催する1箱古本市です。
どなたでも、本に値段つけて(挟み込む、シールなど)を1箱にいれて、お持ちください。
売上は全額お渡しいたします。
参加費は、1オーダーのみ。