CanêCanê WARABI Vol.4

5か月ぶりのCanêCanêです。

Canêは親愛の情を込めて誰かに呼びかけるクルド語。日本における、弦楽器サズの第一人者Fuji、クルド伝承音楽を歌い継ぐ上田、蕨市在住でユーラシアンオペラを展開する作曲家の河崎の三人が集まり、演奏曲やアナトリア、トルコやクルディスタンについて、たぶんゆるゆると、それぞれの視点で語り合いながら、演奏します。

ゲストミュージシャンとしてクルド人音楽家のRenas Yunusも登場します。お楽しみに!

日時:8月22日(水)19:00~20:30
場所:Antenna Books & Cafe ココシバ
   (川口市芝5-5-13 芝銀座通り商店街内 蕨駅東口下車5分)
費用:1,000円+1オーダー

出演者プロフィール
■FUJI(藤井良行)
1980年代からインドー中東各地を旅し、トルコで吟遊詩人アーシュクに出会ってサズ奏者を志す。1993年イスタンブルでサズ奏者のイルファンオラル、アドナンヴァルヴェレン、ジャフェルユルデュズの各氏に師事し演奏法の基礎から学び、帰国後自身の旅の体験をもとに、トルコの歴史・文化や生活習慣などを紹介しながら、ハルク(民謡)、アラベスク(演歌)、アレウィー音楽(宗教的マイノリティー)、ロマ音楽など多様な音楽や歌を発信している。
1995年イスタンブルのローカルテレビのニュース番組に出演。1999年トルコ地震チャリティーコンサート のために来日したサズ奏者エンギン=シャファク=ギュルレル氏の指導を受ける。2007年7月毎日新聞多摩版でライブ活動が紹介される。2006年より2年間放送大学世田谷学習センターの非常勤講師。2007年5月24日の読売新聞(都内版)連載東京ストーリーでその半生が紹介され、一部で話題となる。2010年6月、NHK衛星第1放送の「アジアクロスロード」に出演。ソロ、ベリーダンス伴奏を中心に、年間100本近いライブ活動を展開。2014年、11年ぶりに訪れたトルコで、アンカラのギョクハンカラジャ氏にアラベスク(トルコのアラブ風演歌)の指導を受け新たな境地に挑む。2014年、初のソロアルバム『自由への戯れ』を発表。

上田惠利加(ウエダエリカ)
2019年、東京外国語大学オープンアカデミークルド語講座修了。在日クルド人の友人からサズを譲り受けたことがきっかけで、サズを学びはじめる。2021年から現在に至るまでFUJI氏に師事。ピアノやサズでクルド音楽の弾き語りを行う他、クルド文学作品の翻訳に取り組んでいる。2022年『世界の公用語事典』(丸善出版)クルド語パート執筆協力。クルド語で発信するYouTubeチャンネル「Japan bi Kurdi」運営。クルド系メディアRudaw、Kurdistan24、Medya Hebar、Kurdsatなどに出演。2023年2月クルド人音楽家Serdar Canan氏のコンサートを主催、共演。2月6日のトルコ・シリア大地震を受け、2月18日緊急チャリティーライブを開催。

河崎純
主に舞台作品の音楽監督、構成、委嘱作品の作曲。2022年著書「ユーラシアの歌」(ぶなのもり)、韓国、ロシアの歌手を擁する二作の作曲作品CD「HOMELANDS」「STRANGELANDS」を発表。主催する音楽詩劇研究所では、ユーラシアンオペラの第三作目となる「A Night The Sky was Full of Crazy Stars」を作曲、演出。
演劇・ダンス・音楽劇、実験的なパフォーマンスを中心にこれまで100作以上の舞台作品の音楽監督、作曲、演奏を手掛ける。歌、声の表現、朗読、演劇、コンテンポラリーダンス、伝統芸能の要素を用いた詩劇、音楽劇スタイルの舞台作品の作、構成、演出。

【今回からレギュラーメンバー】
Renas Yunus(レナス・ユヌス)
トルコ・ヴァン県出身。10歳でサズを始め、音楽を学ぶ。トルコの音楽レーベル「Aydın Müzik」からこれまでに9曲リリース。 

5月6日㈮ いもの国風土記 火の刻上映会他

5月6日(土)は、昨年の秋に続く上映会第2弾、「いもの国風土記 第二部 火の刻」です。
今回は、画家・井上文香さんのライブペインティングのほか、民俗学研究家・宇田哲雄氏による講演「鋳物の町の民俗」もあります。

「いもの国風土記 第二部 火の刻」上映は、19:00の予定。
講演会+映画上映 1000円+1ドリンク

5月2日㈫から14日㈰まで、壁ギャラリー第4弾 井上文香・展覧会「いもの国風土記の眺め」を開催。

14:00〜16:00井上文香ライブペインティング
18:00〜19:00宇田哲雄氏講演会「鋳物の町の民俗」
19:00〜20:00「いもの国風土記 火の刻」上映会
20:00〜20:30フリートーク

辻ちゃんの街の保健室@cocoshiba

5月20日㈯ 蕨市を中心に活動しているコミュニティーナース辻由美子さんが、ココシバにやってきます。
病院に行くほどでは、ないけど、ちょっと聞いてみたい事ってありますよね。そういうときは、辻ちゃんに聞いてみよう!
血圧、体脂肪率を測っておしゃべりの中で問題をみつけ改善策を見つけます。

参加費500円(ナオさん特製キンカンシロップ付き)

2023年5月20日㈯ 14:00〜20:00まで

お待ちしております。

#ココシバ #コミュニティーナース #街の保健室 #辻ちゃん #辻由美子

「いもの国風土記」の眺め

ココシバ壁ギャラリー展示第4弾は、スペースとプランの窓のイラストを描いてくださったイラストレーターの井上文香さんの展覧会『「いもの国風土記」の眺め』です。
2023年5月2日㈫〜14日㈰まで
展示のみのご観覧は無料ですが、テーブル利用の場合は、ご注文お願いいたします。

5月6日㈯に、井上文香さんによるライブペインティング、宇田氏講演会といもの国風土記・火の刻の上映をいたします。(6日のイベントは1,000円+1ドリンク)。ライブペイントで完成した絵は7日㈰にスペースとプラン(川口市芝4-5-31芝銀座7番街)にて展示いたします。

井上文香・プロフィール

画家。1971年、東京都生まれ、埼玉県育ち。東京造形大学造形学部美術科I類中退後、1年間フランス滞在。2000年頃よりイラストレーターとして活動中。パレットクラブイラストコース、イメージフォーラムアニメーションコース、坂川栄治装画塾、トムズボックスワークショップ受講。ギャラリーハウスMAYA装画コンペ入選、東京装画賞入選。絵本に「いいおてんき」(福音館書店)、「くもくもぱんやさん」(岩崎書店)がある。黒川幸則監督と共同でドキュメンタリー映画『いもの国風土記』製作中。「荒井 千」というペンネームでも活動。 fumikas.net

対談:岡﨑広樹×江澤勇介「団地と共生」

2023年4月29日㈷15:00〜17:00まで
『外国人集住団地 日本人高齢者と外国人の若者の“ゆるやかな共生”』(扶桑社新書)に続き、『団地と共生―芝園団地自治会事務局長 二〇〇〇日の記録』を出版した芝園団地事務局長の岡﨑広樹さん。
かたや同じくURの北本団地を拠点に、「きたもと暮らしの編集室」やシェアキッチン&シェアスペース「ケルン」、ジャズ喫茶「中庭」、まちの工作室「てと」を運営する江澤勇介さん。
お二人に「団地と共生」をテーマに対談していただきます。
「団地」と言いながらも広く「場所を起点に人と人が何をしたりしなかったりするか」に思いを馳せる内容になったらいいなと思っています。


《岡﨑広樹さんプロフィール》
早稲田大学商学部卒。 三井物産で海外業務を経験し外国人との共生に関心を持つ。 2012年退社後、松下政経塾で学ぶ。 2014 年から埼玉県川口市芝園団地に住み、2017年から自治会事務局長を務める。

《江澤勇介さんプロフィール》
カメラマンとして活動しつつ、オルタナティブスペース「実験と発見 ツカノマ」の運営、マーケットイベント「縁側日和」「NEW HOLIDAY」などの企画運営を行う。現在、北本市内で「ケルン」「中庭」「てと」の3つのスペースを運営中。

写真あげます!

朝、店内の隅っこを片付けていたら、去年の4周年記念の時に上から吊るしたスナップ写真が出てきました。

すでに皆さん欲しいものは持って帰られたとは思いますが、再度「連れて帰って〜」カゴを設けました。

自分以外の素敵なあの人の写真が欲しいわぁと言う方は、ご本人の許可を得てからお待ち帰り下さい。

取りにくい場合は、スタッフまでお申し出下さいませ。

「纏い羊」umiyuri展

ココシバ壁ギャラリー展示第2弾は、
東京藝術大学日本画科在学中の「umiyuri」さんの日本画展示「纏い羊」です。

2023年3月21日㈷〜26日㈰まで
11:00〜20:00まで
作品鑑賞は無料ですが、お席をご利用の場合はオーダーお願いいたします。

#ココシバ #壁ギャラリー #川口市 #蕨駅東口 #ギャラリーカフェ #ブックカフェ #本屋